Skip to content

アメリカ留学を成功させる秘訣

英語を習得するために毎年多くの人がアメリカに留学しますが、どうしてアメリカが選ばれるかというと、それはそこに住んでいる人みんなが英語を話すからという理由が考えられます。

そういう環境に行きさえすれば自動的に英会話能力がアップするとイメ-ジされがちだから、ということがあるのではないでしょうか。しかし、実際には1年アメリカ留学したのにほとんど話せないまま帰国することになったという人も、決して少なくはありません。その場合はかかったお金だけでなく、時間の無駄遣いもしてしまったということになります。

反対に、同じ1年間という期間で驚く程飛躍を遂げたという人も存在するのが事実です。では、何故同じアメリカに行ったというのにこんなに大きな差が生まれるのでしょうか。それは、語学学校でどれだけ日本語を使わなかったか、という違いだということに他なりません。せっかくアメリカに留学したのに選んだ語学学校に日本人がたくさんいて、常に日本人同士でグル-プを作って行動しているようでは、日常会話は全部日本語になります。これでは英語圏にいたとしても上達しないのは当たり前です。

反対にほとんど日本人がいない語学学校を選べば、日常会話は必然的に英語を話すしかありません。世界のさまざまな国からやってきた学生と友達になり、英会話能力がアップするだけでなく各国の文化も学ぶことが出来、見聞が広まります。せっかく高い費用を支払って語学の習得に行くのですから、環境は自分で作ることをおすすめします。日本人が誰もいないと最初は不安かもしれませんが、学力アップを狙うのならば絶好の環境であるということを忘れないでください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *