Skip to content

アメリカの留学先の都市の選び方

英語の必要性は、高まっており企業などで英語が必要になって来ています。

日本でも英語を学ぶことは出来ますが、海外に留学して英語を学びたいという人も増えています。そんな日本人の留学先として思い浮かぶのが、アメリカだと思います。

英語は世界共通語になっていますが、英語の標準語はアメリカでイギリスなどは訛りがあります。そのため、この国を選ぶ人も多くいます。留学すると決めても、どこの都市に行くかを迷う人もいるはずです。アメリカの3大都市であるニューヨークやロサンゼルスやサンフランシスコもおすすめではありますが、その他の都市も魅力いっぱいです。あまり留学というイメージがないかもしれませんが、ハワイもアメリカの州の一つですし気候も良く勉強しやすい環境にあります。ニューヨークやロサンゼルスの都市が人気があるのは、語学学校の種類が豊富にあり選びやすい環境にあるからです。そのため、多くの日本人が行っていますからシェアルームにして滞在費を安くすることも出来ます。逆に都市部ではなく田舎であるオレゴンなどへ行き、ホームステイをしながら勉強をするというスタイルもあります。

アメリカに留学すると漠然と決めてもどこに行くかを決めていない場合には、その土地のメリットや学校の魅力などを良く調べてから選ぶ事が大切です。エージェントを利用すれば、相談や手続きなども行ってくれますから安心してどこの都市や学校を選ぶのかを決めることが出来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *