市原で葬儀をするときの主な費用

市原で葬儀をするときにかかる費用は地域や業者、内容によって異なってきます。

また、費用内容も葬儀一式と寺院、飲食費用の総額です。日本消費者協会のデータだと平成26年度の全国平均額は188万9千円で、葬儀一式が122万2千円、寺院が44万6千円、飲食が33万9千円です。

中には全ての料金が含まれているセット料金などがあるところもありますが、これでも全ての費用が含まれているわけではなく別に費用がかかることもあるので要注意です。
追加料金がかかることもあるため業者に見積り依頼をするときもどれがセット費用に含まれているかの確認も重要です。葬儀を市原で行う費用の内訳は、主に斎場と立替金、業者に支払う費用とお布施や返礼品です。


最初にこれを確認しておくだけでもトラブルも防ぎやすいので見積りを依頼する前にきちんと把握しておいたほうが良いです。
斎場の費用だと自宅以外で借りるときには式場使用料と光熱費、施設利用料などがかかります。
立替金は車両(霊柩車やマイクロバス、ハイヤーなど)、火葬料と料理(通夜振舞いや精進落とし、お酒など)、返礼品や心付けです。
業者に支払費用は祭壇費用(祭壇や壷、棺に遺影写真など)、施行管理費(葬儀進行等の人件費など)、他にはドライアイスの追加などがかかります。

お布施や返礼品の費用は一般的に5万円から15万円とされています。
これも市原でも戒名料やお布施などを含めると約50万円くらいかかります。


返礼品や通夜や告別式へ来てくれた人にお礼として渡す会葬礼品です。

市原の葬儀について悩んでいませんか。

通夜に来て通夜振る舞いに出席しない通夜返しや香典返し、法事での引き物などがあって大体70万円から80万円ぐらいかかります。

人気上昇中のgoo ニュースに関する最新情報はこちらです。

全てあわせると約200万円ぐらいかかります。