市原で行われる葬儀は仏教が多い

昔は市原での葬儀はお昼の12時から、あるいは13時から始まることが多くありましたが、最近は午前中に行われることが多くなってきています。

会葬者が少数化して近親者が中心になって、朝から葬儀を行っても不都合ではなくなったからです。早い時間に始まれば葬儀、火葬、そのあとの会食も早く終わるので都合がいい。

市原の葬儀について詳しく知りたいならこちらです。

親戚ももう一泊しなくてよいとの理由からです。

現在では午前10時からというのが、市原でも多くなってきています。葬式の祭壇はこのところ生花祭壇が市原でも多くなってきています。
かつては白木の輿をかたどった宮型が多くありました。


これはかつて葬列を行った時代の、象徴です。

知って納得の朝日新聞デジタルは評判がとっても良くて有名です。

白木の祭壇から生花祭壇へというのが、今の流行になっています。

昔は葬式の花といえば白菊が定番でしたが、使われる花の種類も色も多様になってきています。洋花、色花が一般の葬儀でも使われるようになってきています。



故人が好きだった花をと選ばれることも、多くなってきています。
仏教葬儀が全体の9割を占めていて、以前優勢になっていますが市原では無宗教の葬式も、市民権を得るようになってきています。仏教をはじめとする宗教へのなじみのなさ、あるいは葬式の形骸化への反発もあります。


無宗教葬も信教の自由の観点から選択を許されるものです。

ですが宗教性が失われる、あるいは薄くなるということは葬式が厳粛性を失うことにもつながってきています。
考えなければならないのは、葬式の一つの主体は送られる死者であり、もう一つの主体は送る遺族です。葬式で重要なのは遺族が死者を弔い、送ることに集中できているかどうかです。